ツワモノ達による弾き語りパーティー開催!

2016年10月27日(木)

下北沢レコード&松本敏将presents

『秋のくるくるランド☆』

会場:下北沢440

開場18時半/開演19時

入場料金:1200円(2ドリンク込み)+投げ銭

 

 

弾き語りで1曲ずつ、2周リレーしてゆくめくるめくるくるパーティーです☆

 

●ご予約はページ下のご予約フォームより、お願いします。

 

 

△ 出演者紹介 △



☆松本敏将

 

 昭和53年、8月14日、広島生まれ(大竹市)

 1999年に結成したロックバンド「タバコジュース」のフロントマンとして歌い踊り、アルバム10枚リリースして2015年12月活動休止

2016年、弾き語りと並行して、流動的バンド形態でのセッション「松本敏将&ハイアーセルフ」の活動を開始

 

肉体派音響ユニット「くふき」の念力、声担当としてアルバム2枚リリース

 韓国、ドイツ、ポルトガル、イギリスなどをツアー

 現在、電子民謡アルバム制作中 

 

 「くふきの大豊年祭」 「animal」「LOVE」

 「ほやほや音楽会☆」「くるくるランド☆」などを定期的に主催

 

HP→

 

 

 ☆よしだよしこ

 

東京 大田区に生まれる

1972年 フォークグループ “ピピ&コット”のメンバーとしてELECレコードよりデビュー。

1975年 唄の市をはじめ、吉田拓郎、泉谷しげる、古井戸、海援隊等のアーティストと共に活動。 “ピピ & コット”解散後、ソロシンガーとなる。   

シングル版『歌のある限り/路地裏の陽気な花』を皮切りに『風』、『二人旅』等をリリース。 また、佐藤公彦(ケメ)のサポートギタリストもつとめる。

1976年 単身渡米。 アメリカ各地を放浪。 帰国後、音楽活動を一斉中止。

2003年

から現在 シンガーソングライターとしてライヴ活動を25年の空白を経て再び始める。

はじめてのソロアルバム「ここから」を制作して日本各地のライブハウスで唄いだす。 

「ア・シ・オ・ト」[地球に似た惑星にいるあなたに]

「She said NO!」「忘れないということ」「笑って唄って」 

DVD「虹の根っこ」自伝「Here Now」 

二年に一度のアルバムDVD制作をしながらギターとダルシマーをかかえて全国津々浦々、年間100回以上のステージに立っている。 

アメリカで1950年代に起きた公民権運動のさなかにバスボイコット運動のきっかけをつくった女性ローザ・パークスについて唄った「She said NO!」 

2011年に起きた東日本大震災を体験した直後につくった「忘れないということ」 

詩人の石川逸子氏の詩に作曲した「地球に似た惑星にいるあなたに」等の大作の数々。 社会に向かいながらも内奥的な歌詞のオリジナル曲の数々とともに、ライフワークのごとく続ける外国曲を日 本語詞でうたう作品も多数。 

ギターの音色、ダルシマーを弾く佇まい、そして何よりも声の響きを大切に常に新鮮で誠実なステージに立ち続けている。

 

HP→

 

 

 

☆山田エリザベス良子

 

 実在するファンタジー

特技はずっと裏声。

 

HP→

 

 ☆中川五郎

 

1949年、大阪生まれ。60年代半ばからアメリカのフォーク・ソングの影響を受けて、曲を作ったり歌ったりし始め、68年に「受験生のブルース」や「主婦のブルース」を発表。70年代に入ってからは音楽に関する文章や歌詞の対訳などが活動の中心に。90年代に入ってからは小説の執筆やチャールズ・ブコウスキーの小説などさまざまな翻訳も行っている。

 

 アルバムに『終わり・始まる』(1969年、URC)、『25年目のおっぱい』(1976年、フィリップス)、『また恋をしてしまったぼく』(1978年、ベルウッド)など。2004年の春には26年ぶりのアルバム『ぼくが死んでこの世を去る日』をリリースし、最新アルバムは2006年秋の『そしてぼくはひとりになる』(シールズ・レコード)。

 

 著書に音楽の原稿を纏めた『未来への記憶』(話の特集)、70年代のフォーク・リポートわいせつ裁判に関する文章をまとめた『裁判長殿、愛って何』(晶文社)、小説『愛しすぎずにいられない』(マガジンハウス)、『渋谷公園通り』(ケイエスエス出版)、『ロメオ塾』(リトルモア)、訳書に『U2詩集』や『モリッシー詩集』(ともにシンコー・ミュージック)、ブコウスキーの小説『詩人と女たち』、『くそったれ!少年時代』、紀行文集『ブコウスキーの酔いどれ紀行』、晩年の日記『死をポケットに入れて』、ハワード・スーンズによる伝記『ブコウスキー伝』(いずれも河出書房新社)、ハニフ・クレイシの小説『ぼくは静かに揺れ動く』、『ミッドナイト・オールデイ』、『パパは家出中』(いずれもアーティスト・ハウス)、『ボブ・ディラン全詩集』(ソフトバンク)などがある。

 

 1990年代の半ば頃から、活動の中心を歌うことに戻し、新しい曲を作りつつ、日本各地でさかんにライブを行なっている。

 

HP→

 

 

 ☆下津光史

 

1989年生まれ。尼崎出身。中学時代より複数バンドで活動し、2008年にバンド「踊ってばかりの国」を神戸で結成。作詞・作曲・ボーカルを担当。2011年より活動の拠点を東京に移し、今まで4枚のフルアルバムを発表。並行して弾き語りでのソロ活動も行なっている。2016年、新バンド「GOD」を結成。 

 

HP→

☆木下理樹

 

ART-SCHOOL、killing Boy 

 

HP→

 

 Kaco

 

1993年11月8日生まれ。愛媛県出身。大学進学と共に上京し、19歳の頃からシンガーソングライターとして活動開始。圧倒的世界観と深く凛とした歌声を持つ。SNSに投稿した動画が、キーボーディスト・トラックメーカー等として知られるKan Sanoの目に止まり、2016年5月に行われた「佐野観 ソロピアノLIVE 」にゲストヴォーカルとして出演するなど、リスナーのみ為らず音楽家の間にも徐々にその音楽を浸透させている。現在も都内のライブハウスで勢力的にライブ活動を行っており、11月8日に自身初となるワンマンライブを開催予定。

 

HP→

 

 

 ☆平泉光司

 

'98年、バンドbenzo(w.伊賀航、高野勲、佐々木一也、キンドー)で日本クラウンよりデビュー。'02年COUCH(w.小島徹也、中條卓)結成。

近作はbenzo「live'13」。現在COUCHで4thアルバム制作中。ギタリストとして、最近はSoggy Cheerios(直枝政広&鈴木惣一朗)や中田裕二&ブルー・ネオンズ等のツアー・メンバーとしても活動中。 

 

HP→

 

  ☆岩崎 慧

 

2001年、Vo・岩崎慧がDr・吉澤響を誘い、「アコギボーカルとドラム」という縦一列編成でライブをスタート。

2002年にGt・中内正之、2003年にBa・泉健太郎が加入し「セカイイチ」を結成し、同年12月にミニアルバム『今日あの橋の向こうまで』をリリースした。

2005年4月にシングル『石コロブ』で、トイズ・ファクトリーよりメジャーデビューを果たす。

デビュー以降、現在に至るまでアルバム7枚、ミニアルバム3枚、シングル9枚をリリースしている。

 

結成10周年を迎えた2013年に、Ba・泉が突然の脱退。それでも活動を止めることなく、全国でライブを展開し、同年11月には、キャリア初となる赤坂BLITZでのワンマンライブを成功させた。

2014年7月、自主レーベル『Anaheim Records』の立ち上げを発表し、10月15日に満を持して自主レーベル第一弾作品『Anaheim part』をリリース。2015年4月でメジャーデビュー10周年を迎えた。

 

岩崎の根底に流れるソウルフルな歌と、その歌と呼吸を共にするバンドのうねるようなグルーヴ。

デビュー以来、ジャンルの枠にとらわれず、グッドミュージックを鳴らし続ける歌ものロックバンドである。 

 

HP→

 ☆沢田ナオヤ

 

例えばここにひとつのグラスがある。これに酔いどれ詩人の足取りで、レコードプレイヤーから飛び出した様な声を注ぎ、叙情的なメロディーを足し、乾いたギターで割る。静かな言葉の断片をちりばめて、鋭い味のスパイスを少々。一気に飲み干す。沢田ナオヤの音楽を例えるならばこんな感じでどう だろう。いつの間にか聴き手は、彼の音楽の世界に包み込まれ、今夜もいい塩梅でしたたか酔ってしまうのだから。

 

HP→ 

 

 

 ☆田中茉裕

 

1993年、埼玉県出身 5歳からピアノを始める 小学6年生より3年間、シンガポールで生活する。 2010年に開催されたEMI Music Japan 50周年記念オーディション”REVOLUTION ROCK”のファイナリストとなる。

 

2012年3月、ミニ・アルバム『小さなリンジー』をインディーズからリリースし箭内道彦氏、亀田誠治氏、児玉裕一氏、佐野史郎氏といった幅広い関係者から絶賛を受けた。 同年8月美術家の奈良美智氏からのラブコールで、個展の会場である横浜美術館で演奏する。

 

同年9月に発売された The SALOVERS メジャーデビューアルバム「珍文完聞」収録「何処かの土地に」でコーラスで参加した。

 

2年間の活動休止期間を経て2014年11月、鈴木慶一氏のプロデュースでセカンドアルバム『I’m Here』を発売する。

 

2015年4月より本格的に活動を再開

 

同年5月、蔦谷好位置氏がプログラムオーガナイザを務めるJ-WAVE×六本木ヒルズ主催東京M.A.P.Sに出演、2016年5月さいたまスーパーアリーナーVIVA LA ROCK 2016に出演する。

 

現在都内を中心に活動中。

 

HP→



◆ご予約をご希望される方は、お名前とメールアドレス、ご予約人数を記入して送信してください☆